老後って何歳から指すのでしょうか

老後はいくつからなんだろう?

50代を過ぎてからよく思う事があります。
老後っていうのはいくつからが老後になるのだろうかということと、この先病気になった時のことや、いきなり亡くなるということ等も考えておくべきなのだろうなということです。
>>http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/oldage/1.html

昔は人生70年と呼ばれていたものが、現在は人生80年、70代でお亡くなりになると早くに亡くなってしまった・・・というようになっています。
一般的にどのくらいの年齢になると老後というのか?厚生労働省の調べによると、65歳からが老後という方々が28%くらい、70歳からが老後と考える方が30%以上という回答になっています。

65歳から70歳くらいからが老後ということになりますが、認識としては70歳以降が老後ととらえている人が多いということがこのデータによってわかります。
今私は50代、この先まだまだ老後というには長いということになりますが、でも今の段階から老後についてしっかり考えていくことが必要なのだろうなと強く感じるようになってきているのです。

働けるかどうか、その環境によっても老後について違ってくる

現在は65歳定年という所もありますし、またお元気な方が多いので65歳を過ぎても、また70歳を過ぎてもシルバー人材センターなどで働く方もいるし、パートやアルバイトなどをされている方も少なくありません。
70歳以上の方々に老後とはいつか?と質問してみると、80歳以上が老後と答える人が23%弱いらっしゃるということなので、多分こうした方々は今も元気にある程度働いているのではないかな?と思います。

老後というと何となく70歳くらいになってからの話かな?と思いますが、元気であれば仕事はある程度した方がいいと私も考えています。
痴呆が始まるのは仕事をしなくなってからという話も聞きますし、何かしら自分の役割を持っている方が、元気にいられるのかもしれないと感じています。

年金で生活するようになったら老後

老後の生活についてのデータでは、年金を受給してから老後になると考えている方が多く、またそのほかにも仕事を引退したら老後と考えている人が多いということもわかります。

体が不自由になった時が老後という方もいます。
人それぞれ、老後はいつからなのか?ということは違いがありますが、老後ということを意識せず、元気に働けるうちは現役!!というつもりでいる方がいいのかもしれません。