友人関係を見直しました

50代に入ってお友達の事を考えてみる

女性同士というのは何となく嫌なお友達がいても一緒にいたり、誘われるといやいやでも出て行ったり・・・あの人は付き合いが悪いとか、自分がいない時に悪口を言われてしまうかもしれないとか考えて、なかなか嫌いな人、気が合わない人との関係をきれないものです。

私も20代、30代、40代と、気の合わない人と食事にいったり、面倒くさいなと思いつつお付き合いしてきたのですが、ほとほとばかげていると思うようになりました。
現在50代後半、すでに60代の方が近いのですから、その後、人生を楽しめる時間は10年、20年、もしかしたら25年以上あるかもしれませんが、それでも病気をするとか介護が必要になるとか考えると、もっと短いかもしれません。

そうなってからも自分の生活や楽しみを置いて、嫌な人とのお付き合いをしていかなければならないのか?と考えると、本当にばかばかしいと感じたのです。
自分が楽しいと思えるお付き合い、本当に大切と思うお付き合いを求めていくこと、友人関係を見直し、有意義な時間を過ごすことがとても大切な事なのです。

この人は自分の老後に必要ないと思ったら無理せずお付き合いしない

私も50代に入ってからシンプルに生きる、ということをよく考えるようになって、少しずつ、嫌いな人、無理をして付き合ってきた人と疎遠状態を作ってきました。
誘われてもいかない、付き合いが悪いといわれても動じない、年齢を重ねると「わかる人だけ自分をわかってくれればいい」という気持になれます。

誰でも、どんな人でもうまく付き合っていくというのは、イコール自分の心に無理をしてお付き合いしているということになります。
でもこの先、20代ならまだまだその先に30年も40年も時間がありますが、50代後半ともなれば、余生の方が短いのです。

ここで無理せずこのお付き合いはよそうと、少しずつ断って疎遠になってきたことで、「もっと早く友達関係を整理しておけばよかった」と心から思いました。

子供関係がある年代は仕方ない

お子さんが小学生から高校生くらいというのは、部活とか塾など、何かと父兄としてお付き合いすることも多いので、嫌だと思っても関係性をきる事はできません。
子供関係が必要な時期には嫌な人でもある程度の距離を置くなどしてお付き合いしなければなりませんが、子どもが巣立ってしまえばそういうことも気を遣わなくていいので、すっぱり関係をきってもいいと思います。

私もなかなかきれず、何年卒業の父兄OB会など、無理して出ていましたが、今は本当に気の置けない父兄たちとの飲み会以外、顔を出すこともありません。
シンプルに生きる、友達をしっかり整理して、気持よく時間を過ごせる大切な人とのつながりを重要視すると、こんなにも気持ちよく過ごせるのかとびっくりします。